その課題、行動経済学を活用し
科学的に解決してみませんか。

BEworksとは

科学的思考で 社会と経済をよりよく

BEworksは、行動科学の知見をさまざまなビジネス課題や社会課題に適用して実践することを専門とする、2010年に世界で初めて設立された経営コンサルティング会社です。 『予想通りに不合理』などの著書で知られる行動経済学者のダン・アリエリー、行動科学とビジネスの専門知識を持つCEOのケリー・ピーターズ、著名なマーケティング学者であるニナ・マザールらが、共同で設立しました。

我々チームの使命は、ビジネスリーダーが科学的思考を組織の課題に適用できるようにお手伝いをすることです。行動科学的手法を使って人の行動を診断して科学的根拠に基づく戦略を開発し、それらの効果を厳密な実証実験を行って検証します。

これまで、金融やエネルギー、小売などの幅広い業界において、Fortune 1000企業や世界中の政府機関の行動変容プロジェクトを成功に導いてきました。日本においても、保険や金融、食品、健康経営等に関するさまざまなプロジェクトに取り組んできました。

BEworksは、2017年1月よりkyuコレクティブに加わりました。kyuは、博報堂DYホールディングスの戦略事業組織です。経済と社会が直面する最も重大な課題に挑み続けるクリエイティブな会社の共同体であり、IDEO、SYPartners、Sid Leeをはじめとした各分野におけるリーダー的企業が集結しています。

kyuへの参入により、BEworksは、画期的アプローチで問題解決を行って成功を収めてきたさまざまな組織とパートナーを組む機会を得ました。kyu組織もまた、イノベーションとコラボレーションに対する責任を共有しています。 BEworksは、kyuを通じて人の意思決定に関する行動インサイトと科学的厳密さのさらなる追求と提供を行っていく次第です。

科学的思考を取り入れる理由

Play Video

BEworksでは、ビジネス戦略だけでなく、科学的手法を適用してエビデンスに基づいた結果を提供します。

サービス

行動科学的コンサルティング

企業が持つさまざまな経営課題に対して、BEworksは行動科学の知見と研究の手法をもとに、行動の視点から科学的な課題の解決をお手伝いします。これまでには、ポイントシステムの設計や新保険商品の設計、価格戦略策定、営業担当者のモチベーション向上や新しい報酬プランの作成など、さまざまな課題に取り組んできました。顧客の獲得や関係強化、製品の価格設計、営業や運営プロセスの最適化など、人の行動変容に関わる課題であれば業種を問わずお手伝いをすることが可能です。

行動監査 (Behavioral Audit)

新しいアイデアや商品を市場に公開する前や商品やサービスに大きな改良を加える前に、行動科学の観点からそれらを診断し、行動科学専門家のセカンドオピニオンを提供するサービスです。これは「こうすれば上手くいく」といった太鼓判を押すものではなく、行動科学の観点から考慮すべき質問と課題を設定して思い込みや前提を洗い出し、対策の実行をする前に解決すべき問題の特定を行うものです。

行動インサイトレポート

特定の課題や疑問に対するより深い行動や心理に関する洞察をまとめ、レポートやホワイトペーパーとして提供するサービスです。長年の研究やコンサルティングから得た高度なリサーチ能力を駆使し、大学・研究機関との強い繋がりを持つリサーチチームが、心理学やマーケティング、消費者行動に関する膨大な研究を探り、行動と心理に関する情報と知識をわかりやすく提供します。

ワークショップ

ワークショップは、ご要望に合わせてカスタマイズすることが可能です。半日〜1日のセッションでは、行動経済学の基礎理論(例:システム1・システム2思考という比喩の理解)や人の意思決定を左右するバイアス、チョイスアーキテクチャという概念、意思決定を選択的に変える方法、そして戦略プランニングと実行における実験の重要性など、行動経済学の入門知識を学んでいただくことができます。さらに長いセッションでは、「learning by doing」(実践しながら学ぶ)の手法を基に、特定の課題に上述の概念を応用していきます。

スタッフ・トレーニング

プロジェクトのアフターサポートとして、従業員トレーニングを提供します。従業員チームが行動経済学を学ぶことで顧客との日常的なコミュニケーションの取り方を磨き、顧客の意思決定を理解して対応する技術や共感の視点を身につけることが可能になります。特に、顧客と頻繁に向き合うコールセンターや営業チームなどに向けた新たな手法や戦略を導入する際に非常に有効です。

実験ラボの設立

イノベーションを起こすには、TEST & LEARN (テストと学習)を可能にする環境が重要です。実験ラボの設立は、企業内で科学的に厳密な実験を行う文化とプロセスを作り出すための一つの手法です。弊社では、コンセプト調査を行って適切なデータを収集し、的確な解析を行うための科学的手法の習得と、それを用いるためのプロセス設計をお手伝いします。実験ラボの設立には、イノベーションを求めるCEOやプロセス・タイミングとチャネル間の影響分析についてサポートできるCOO、データやインフラ等の必要条件クリアを可能にするCTOなど、Cレベルの役職のサポートが不可欠です。Cレベルへの説得からのお手伝いも可能ですので、ご連絡ください。

ケーススタディ

よりよい投資を促すための情報開示に関する改善

行動経済学を適用して、投資手数料とパフォーマンスレポートを最適化したケース

電気代請求書をチャネルとして活用し、利用時間帯別(TOU)料金に沿った電力使用を促した大規模なフィールド調査

節電を促すためのTOUへの理解度向上

リリース前の製品が実際の購入行動につながるかどうかを測定したケース

新開発商品を市場でテストするのためのIn-Contextメソッド

チーム

認知心理学、社会心理学、脳科学、マーケティングなどの分野でPh. Dを取得した専門家で構成されたチームが、学際的な専門知識を基に、最新の科学的知見をビジネスに結びつけて提供します。

Kazunaga-Matsuki.jpg

松木 一永
Kazunaga Matsuki, Ph.D.

Regional Director, Japan

Kelly-BERI

Kelly Peters

CEO

Dan-BERI

Dan Ariely

Chief Behavioural Scientist

Nina-BERI

Nina Mazar

Chief Scientific Advisor

採用情報

BEworksでは、トロント、東京にて随時募集しております。
詳しくは募集要項を御覧ください。

ニュースとメディア

01/04/2021

行動科学的アプローチで食品ロスを30%削減

ヘルマン社と共同で行った食品ロスを削減する取り組みと調査結果が発表されました。【英語】...
01/04/2021

BEworks Choice Architecture Report 2021 日本語版

BEworks Choice Architecture Report チョイス・アーキテクチャー・レポート 2021 日本語版がリリースされました。...
21/05/2020

行動経済学で標的型メール訓練

MS&ADインターリスク総研との共同プロジェクト紹介記事が日本経済新聞に掲載されました。...
27/04/2020

「健康経営 新たな視点の活用」行動経済学をどう活用するか

健康経営カンファレンス2020オンライン〜自律とマネジメント〜にて登壇しました。...
27/04/2020

「幸せ」をつかむ戦略とは? マーケティングに有効な行動経済学

BEworks共同創業者のダン・アリエリーがインタビューに答えた書籍『「幸せ」をつかむ戦略』(日経BP社...
12/03/2020

「人間の本質」を見極めて、生活者が動く理由を明らかにする ──PJMメソッドと行動経済学の共通点を探る

博報堂WEBマガジン|センタードット The Contral Dot Magazine に インタビュー記事が掲載されました。...
23/12/2019

BEworks、日本で初めてのMEETUPを開催

2019年10月23日、赤坂Bizタワー CONFERENCE ROOM(東京都港区)にて、BEworks MEETUP in Japan 第一弾「行動経済学視...
11/04/2019

BEworks Inc.との共同研究による行動経済学の手法を応用した リスクマネジメントメニューの開発について

MS&ADインシュアランス グループのMS&ADインターリスク総研株式会社(取締役社長:中村 光...

お問い合わせ

*必須項目。